2011年01月28日

本日ライオンズクラブで講演しました

詳しくは改めて発表したいと思います。が、先ほど書き上げた記事が何故か消えてしまったので、もしかしたらまだ発表してはならない内容を書いてしまったのでしょうか。
あるドクターが「ビジョンヨガをもっと広めて欲しい。病院など潰れても構わないから、どんどん!」と言っていただきました。
その詳細な内容を書き上げて確認したら、何故かデータが消えてしまった!結構ショックです。
タッチセラピー補講では詳しくお話しますね。

posted by 大石 at 19:52| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

覇道から和道へー日本の国体の在り方

いかにも仰々しいタイトルだが、まだ未完成の国体論を論じるに当たり、人生の最終論文である『バースビジョン国家論』を書き上げる意志を強固にするために、あえて自身の心に楔を打ち込む意味で打ち出した。まだ論理立ては出来ていず、思い付きに近い断片的内容を述べるに過ぎない。歴史を論じるにはあまりにわずかな史実を独学で学んだに過ぎない状態にも関わらず、想像力を駆使して独自の見解に導く。それは学問に対する失礼な振る舞いだと承知の上で、描くつもりである。

結論は、こうだ。
日本のあるべき姿はたとえ何十年、何百年かかろうと、一人一人の人生の目的(生まれてきた意味)に沿った人生を描き、その個の目的を支援しあう互恵的な関係性を築くことを基盤とすべきである。その互恵関係の集合体で地域社会を構成し、その地域が存在する目的に沿って、他の地域社会と互恵的な関わりをもたらす。地域と地域との互恵関係は基本的に他の国(と今では用いられているが)の地域との交流のあり方は基本的に同じである。
国境を越えた地域同士の交流・互恵関係を支援および調整するために国家は必要最小限のことをするのみである。すでにこの時点で、国境の持つ意味は無効化する。異なる役目をもつ地域が世界中に点在しているだけとなる。

人は皆生まれたときには、人生の目的を携えて生まれてくる。その記憶を思い出すことの価値に目覚め、目的を果たすために備わった才能や知恵や能力を発掘することに最大限のエネルギーを注ぐことに全ての人々が目覚めるべき時期に来ている。その価値基準に基づく道を日本人が規範となり世界中に示し始めたとき、所有という概念が消滅する。

私「の」物、私「の」お金、私「の」財産、私「の」土地、という「の」の意識が消滅する。
物理的世界における「心の外側の世界」をして私の存在意義を見出す物質文明の価値基準の重みを軽くし、「心の内側の世界」を深めることに価値基準を置くと、やがて《心の内側の世界の奥の扉》が開く。その扉がこの世に生まれてきた意義を知ることの出来る世界の入り口だ。その扉の奥は広大な意識の世界であり、所有という概念のない世界だ。と同時に自他境界線のない世界でもある。

そこで世界中の人たちと交流すれば、私の土地、私の・・・という意識が消滅し、国境もない、奪い合うこともない、奪う必要がないから戦争も起こりえない世界が実現する。
広大無限の意識の世界だが、物理的世界での交流が可能だ。それは肉体(筋肉)に刻まれた感情的ブロックを溶かし、心の世界で融和を果たせば何ら違和感もなく、異文化を理解し、対立することなく全ての人たちや民族と互恵関係を結べる。
地球に誕生した理由を思い出し、それを命がけで果たすことに生命を燃やす人が創り出す世界を、バースビジョン実現型世界と呼ぶ。この入口を通して初めて観念論・理想論ではなく、人類は覇道世界を脱却し、真に和をもってあらゆる価値観・人種の人々と総互恵関係を結び、国境もない真性平和社会を実現する。

国の制度や法律を変えたり、強いリーダーが現れたり、国際的な取り決めを行うなどはその場しのぎの対処療法にしかならず、個としてのバースビジョンの記憶を他の個としての記憶と紡ぎ合わせ、神経網の再構築を図り、バースビジョンに沿った地域社会を形成する過程で、自然とバースビジョンに沿った民族のあり方に近づいていき、やがて世界がバースビジョンを実現させるために支援しあう国が増えて、ついには地球の存在する目的を人類が思い出し、地球のバースビジョンに沿った人類の運営に乗り出す。その時初めて地球連邦などと称する組織が必要になるわけで、向こう千年間は全く必要ない。

この100年の間は、どのようにバースビジョンを記憶から安全に取り出せるか、というノウハウの開発と教育、実現化を支援する方法の研究と実践、生み出された新産業や新医療への人口の移行、及び世界への移転・普及などに力が注がれる段階であり、国家や所有という概念を緩やかに溶かして行く移行期である。覚醒社会への足取りを急ぐと、覇道互奪圏(旧資本主義社会)や所有互求圏(旧精神世界)とのトラブルで神経網が磨耗する。


この10年間は、従ってまだ日本国という概念が残っている世界を前提として、国是を上述したようなバースビジョン国家論とする世界観を共有する有志との間で、モデル地区(あるいはモデルケース)を形成する、試験段階に留まる。
それでも、かなりの人数の人々の暮らしは、本来あるべき豊かさで彩られ、そこに誕生する子供たちが次の世代を引っ張って行く光源となる道は着実に引かれることになる。大切なことは、一切の行動は自由意志によって成り立つものであり、集合体のたどり着く先のビジョンを提示し、その方向にコントロールすることをしないことである。


という具合に、結論を述べるだけで、これだけの分量になり、まだ書き足らない。どのようにその道にたどり着くのか《既に策も出来ているし一部実用化段階だが》、描くのにどれだけのページ数を割かねばならないのか、と思うと気が遠くなる。

本当は、明治から昭和の歴史のねじれを解明し、日本の舵取りを誤ったターニングポイントを述べようと思ったのだが、あらぬ方向へと入力する手が勝手に逸れて行ってしまった。
これら断片情報を編集して、いつか本にせねばならない。

posted by 大石 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

江 〜姫たちの戦国〜@

ある女性から「お江のシーリーズもブログに書いて下さい!」とせがまれたので、そのリクエストに答えることにします。他にも出したいものがあるので、毎回ではなくスポットで2〜3回に一回程度、記事にします。

テーマは『日本女性の誇りと美意識〜決して失ってはならない地球の宝』。

貴族の時代だった平安時代は知らぬが、少なくとも戦国の世から幕末、明治を経て昭和の初期終戦までは、少なくとも日本の女性は気丈で気高かった。話は飛ぶが、記憶によれば第二次世界大戦で負けてA級戦犯として絞首刑になる夫の最後の日、おろおろとうろたえる姿を見た妻は、「立派に死んできなさい!」と一喝し、そののち自分も自決した、という逸話がある。

また、日露戦争の功労者乃木希典は明治天皇の死と同時に夫婦で殉じ(差し違えた?)、下関に乃木神社として夫婦が祭られている。幕末の志士を支えた気丈な女性たちの姿はすでに何度も書いたとおり。命を懸けて志士を守り、世直しに貢献した。

そして、今回の大河ドラマでは、年端もいかない長女茶々は、
「(3女を)殺すなら私も死にます!」と刃を首に付けつける。この場面が史実かどうかは別として(龍馬伝よりはるかに史実に近いと感心したが)、同様の気丈さがあったことは、その後秀吉の亡き後の振る舞いからして納得できる。貞操を奪われそうになったら舌をかむか、常に懐に忍ばせた短刀を手に喉を突く方法を教え込まれた武士の妻・娘。

上記のどの事例も現代では理解しがたい常軌を逸した行為だが、その精神は継承すべきかと思われる。ただ、戦後の米国主導の教育(洗脳)が、骨の髄まで染み込み、いまだに続いている事に加え、《国内においては》戦争がなく、《日本人だけは》衣食住足りて物があふれ生死に関わる事態が身に迫る場面が少ない。という環境下にあって、死生観を磨く機会がない。
従って戦国や幕末や明治の女性たちが、いかな気丈で気高い品格を持ち得たとしても、それは歴史やドラマでのことであって自身のことと照らして感じ取る感性が育まれない。

例えばバラエティ番組で、ドンキーコング?のハンバーグメニューを全部食べる女性3人がいた。苦しそうになるのにまだ食べ尽くす。まるでメス豚のようだった。ちょうど千と千尋のアニメのお母さんが豚になっていく様子に見えた。あれは、人間社会への警笛ではなかったか。飽食の時代といっては必要以上にグルメに走る。それをあおる番組。
世界で最も廃棄する残飯の多い日本。その影で何億もの子供たちが飢えで死んで行く。肉食中心の生活習慣の影では、世界の穀倉地帯が不必要に拡大し、肥料にされる穀物の生産量の増加で穀物メジャーの食糧戦略がより容易になる。日本の食料自給率がこれ以上下がると、いいように操られるだけだというのが分からないのか。学校給食の大半が何が混じっているか分からない輸入物になったとしたら、どのように子供たちの健康を維持するというのか。

母親として女性としてそうした感性も知識も持たないまま、ファミレスで輸入牛肉をばくばく食べさせドリンクバーで何杯もジュースのお代わりをしても何ら止めない姿を見ると、既に家畜化されようとしている日本人の姿を見るようだ。
物の貿易は世界統一でもいい。安く手に入る流通システムを作り、やがてタダであらゆる物資が手に入る世界に向かっていくだろう。その為に英語が話せないと入社できないグローバル企業があっても不思議ではない。

ただ食料だけは、別だ。

身土不二が万国共通の古今東西普遍的な生きる原則だ。

そうしたことを本能的に理解し、継承していく役目が女性にはあると思う。それこそ女性の品格である。お方は言った。

「女にも戦はあります。女の戦は、生きること。毎日を(精一杯)生きることにあります」。と。

それは、戦国の世に限らず、現代でも通じる美意識であろう。
肉や甘いものを食べ過ぎて太ったら、豚になる。それははしたない事。恥ずかしいこと。そうした美意識は、結局は世界の食料循環を改善することに通ずる。安くて見た目がいいものに手を出さずに、虫が食っていて近くでとれた野菜を食する、子供に与える。それが女性の品格と言うものだろう。
自分の会社の利益ばかり考えて、他者への思いやりのかける経営をしていたら、糾弾し、びしっと指摘してこそ、妻の役目、部下の役目ではないか。ボーナスが増えるから目をつぶろう、では下品というものだ。目先の利益にとらわれるそういう女性は、昔なら嫁の貰い手がなかったはずだ。

話が全くお江から離れてしまったようだ。しかし完成されたあのような気高さは、そうした日々の美徳を積み重ねて成ったものだと想像できる。日々の中で生きること。それが日本女性が忘れてはならない地球の宝に通じていく。

例えば、ビジョンヨガインストラクターの活動には数々の掟がある。その一つに「プロデビュー後、広告は原則3年間禁止。1年間は無条件で禁止」という掟がある。ホームページの制作やブログもダメ。OKの時期が来たら審査によって昇格し許可する。何故か。
一言で言えば、品格の形成による。開業して即広告などはしたない。ということだ。
分かりやすく言えば、いかに顧客を獲得するか、という発想から行動することは全て拝金主義(金儲け主義)の発想に通じる。ブログで自己表現することは良い、しかしそれは、人と会って語ればよいこと、それで共感してくれたら縁が出来、顧客や協力者が現れようというもの。

それが身土不二というものだ。

自分が開業したということは、自分の周り・行動半径圏内に必ずそれを必要としている人がいる、ということだ。その人を探す努力をせずして、日本中に網を張り顧客を求める必要などない。かえって間違った出会いを引き寄せかねない、顧客が少ないなら自分を磨き、人格を高め、技能を向上させ、引き寄せる磁力(魅力)を高めればよい。それもせず安易に広告やHPでPRするなど、はしたない《品がない》ということだ。

それを「人の行動の自由を制限する間違ったやり方だ。組織のしがらみなど取っ払うべきだ」と主張するなら、その発想こそ、未熟な民主主義を掲げて自由と平等を押し付けてきた米国の洗脳下にある、と言わねばならない。日本女性の誇りを失いかけている、とも言える。
極論すれば、高校生の娘がいるとして、母親である自分に、もしも
「お母さんは『欲しいものがあれば働いて買え』、って言ったじゃないか!援交(援助交際)してブランドバック買って何が悪いのよ!私の自由でしょ」と言われても、言い返せない。「恥を知りなさい!」と頬をひっぱたく事が出来ないだろう。(これは例えではない。実際に会った話。母親はおろおろして相談に来たという話が武士道の本に書いてあった。)


そで振り合うのも他生の縁。という。温故知新は、2011年のテーマ。

もし信長に聞きたいことを聞くのに、手紙や電話で尋ねるお江だったらドラマにならない。そういうことです。必要な情報は足で得る。会って取りに行く。天守閣へ一人向かったお江のように。

現代人はネットコミュニケーションに頼りすぎです。それも日本人の品性を損ね、情報操作しやすいよう仕組まれた覇権国の戦略です。
今こそ、日本女性が誇りと美意識を本能から回復させねばなりません。決して失ってはならない美徳を、日常の中から実践すべき時です。

posted by 大石 at 11:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年が始まりました。バースビジョン創造型社会の実現へのソフトランディングプランとは?

バースビジョン創造型社会の実現へのソフトランディングプランとは。今年2011年は、このテーマから始まります。いきなり飛ばしますよー。昨年後半は、幕末明治維新を舞台に駆け巡る志士たちの躍動をバースビジョンという観点から洞察する記事を綴りました。まだ未完成の部分は折を見て晋作の夢、と題して現代に通じるヒントを提示していきます。
そういえば、坂の上の雲を読み解き明治期にどのようにして昭和の戦争へ突き進むという屈折をもたらしてしまったのか解き明かす、と書きました。ドラマはまだ途中ですが、今のところ期待したほどこれといった題材がなかったので、シリーズで書くほどのことではなくスルーしていました。(近いうち重大な分岐点に気づいたので発表します。)

さて、バースビジョン創造型社会の実現へのソフトランディングプラン。

これを解明し世に提示すれば3万人に及ぶ自殺者も減り、あるいは大半がその必要がなくなります。幼児虐待や親子間の事件、うつ病や登校拒否、200万人に増えたニート、産業の斜陽化・不景気による大量リストラ、教育の崩壊、少子化問題、あと何でしょうか、現代日本の抱えるあらゆる諸問題を根底から解決することになるでしょう。
私の今申している解決法は、根本解決であり、対処療法ではありません。従って国にそのプランを提示したとしても、万が一つにも採用されることはありません。何故なら国(政府・自治体)というところは、対処療法の巣だからです。問題が起こってから処置を施す。病気になってから始めて治療する医療と同じです。

学力が落ちたから上げなければ、と、国際比較のデータが出揃ってからあわててゆとり教育を見直す。お役人様、ご苦労様。さぞかしデータの収集・分析に多大な労力と時間を費やしたことでしょう。日本の順位が上がって良かったですね。

小学生の体力・運動能力が低下している。危機感を募らせたのは、統計データが出てから。ご苦労様、統計課の皆様。でもですね、DS等のゲーム機器の販売台数のグラフと体力低下のグラフを重ね合わせて見ましたか?きれいに反比例になっているはずですよ。
あ、すいません。そんなデータを公表したら、たちまち通産省に叱られますよね。日本は経済大国ですから、産業の振興を妨げるデータは隠さないと。

少子化が問題となっている。子供を生みたくても妊娠しない女性が増えている。だから不妊治療を国家予算で振興しようとする動きがある。既に自治体ベースでは補助金を出すところも増えている。切実な問題ですよね。子供が出来ないというのは。辛いし夫婦の不和にもつながるデリケートな問題です。国としても年金システムの維持に支障をきたすから何としてでも少子化を防止したいところです。でもそれって、お金で解決できることなんですか?
ところで携帯電話の普及台数の推移は簡単にデータが取れますよね、その内女子小学生・中学生・高校生への普及台数は調査可能ですか?その統計データと、婦人科系のクリニックに検診に行く女性の数の推移(つまり子宮内膜症・子宮筋腫が発見された統計データ)は、恐らく数年スパンのタイムラグを経て、ほぼパラレル(正比例)の相関関係にあるはずです。加えて、生理痛等の訴えで通院する女性の生活スタイルを調査すれば、一日平均6時間以上PCのディスプレイにずっと張り付いていないと仕事にならないOLさんやオペレータ、受付などの仕事についている割合が多い、というデータが出るはずです。この統計データを分母として、不妊治療に通っている方を分子とする割合を調べたらかなりのパーセンテージに上る筈です。

ということは、
「携帯やPCの長期に渡る長時間使用は、不妊の原因の一つとして大きな要因である。」
という調査報告書を作成することは可能ではないですか?煙草の害を告知するのと同様に。

先進各国、特にヨーロッパでは、携帯電話の電磁波の影響を公的機関が研究し、リポートにしています。それらも参考資料にしながら、新聞や雑誌、テレビなどメディアで発表すれば、少子化問題への根本的解決へ光明を得ることができるのではないでしょうか。

おっと、これまたすいません、そんなことをしたら「首」になりますよね。せっかく登りつめたキャリアの階段。通産省は莫大な税収をもたらすお得意さん=IT関連企業から疎まれ、メディアは莫大な広告収入源を失いかねないから、そんな取材はお断り。医療界もレディース・クリニックは繁盛しますし、不妊治療(体外受精など含む)は非常に儲かる。長野県諏訪のある産婦人科は、正常なお産よりそちらを主に切り替え、立派なワンルームマンションを一棟建てた。全国から集まる長期治療に来る女性を手厚くもてなすために。そこの院長は「明日ゴルフだから、今日のうちに帝王切開ね」と平気で言うらしい。「妊娠してくれるよりも、不妊医療の方が儲かるなぁ」、とか言っているとかいないとか。(これは情報提供者からの推測)

第一、電磁波と不妊の因果関係を発表されたら、医薬品メーカーから圧力がかかる。今時どれだけ生理不順関係の医薬品が売れているか、厚生労働省は一度、売上金額を公表して欲しいものだ。一つ手にするということは、睡眠導入剤、精神安定剤、抗うつ剤・・と次々連鎖する麻薬のような常習性をもたらす。検診のやたらと多くなった産科から小児科〜婦人科〜心療内科〜不妊治療専門医院へ。人によってはどれだけ払わされているのだろうか。医療側は日本全体で年間どれだけ収益となっているだろう。気が遠くなるほどの額に違いない。

おっと、ごめんなさい当局様。お医者様。全てがそんなあこぎな人ばかりではないと、知っていますよ、何とかしたいと懸命に努力されている方も多くなっているでしょう。しかしここで私が言っているのは、システムの問題です。制度であり構造であり、縦割りの縄張りの中ではシステム的に問題を解決する対策は永遠に出ない、ということを申したいだけです。
上記に挙げたいくつかの事例も、問題が起こってから対処する世界であり、少子化問題一つとっても対処療法では決して解決できないことだと「私たち」は知っている。しかし当局に進言することは出来ない。人脈という意味での力がないからだ、ということは一理あるがそれは本質的問題ではない。
対処療法を常識とする世界には、根本療法は通じない、これが本質的問題である。統計データや科学的知識で裏付けを取ってから始めて対策に出る、という世界である。それでは遅いというのに。
子供が学校に行きたくない、と言い始めてから、どうして?というのでは遅いのに。それからスクールカウンセリングに通って対処療法しても苦痛が伴うのに。
会社が傾いてから対処しても、大量リストラという対処療法しか会社を救う道がない、というのに、どうしてもっと早く手を打てないのか、経営者が目先のことしか見えていないからである。

という具合に、問題が起こってから、問題を解決する対処療法の限界が、日本の現状であり世界を覆う資本主義の限界です。例えば、予防接種は免疫力を下げ、予防すべきウィルスの進入発病を促す。と言われて、そりゃそうだろうな、と思える人は、対処療法の巣から脱却し始めていると言える。
しかし、現実には、そんなはずはない、厚生省が推奨している策だから、信頼すべきではないか、と統計データや科学的知識や権威に裏付けられた情報を丸ごと信じる人が多い。それらのデータが予め
結論が用意され、研究者に向かって「君、この結論に導く回答を出したまえ」と当局から指示されたお抱え調査機関によるものだとも知らずに。
地球温暖化のニュースそのものが、日本から莫大な資金を引き出すために、覇権国により演出された嘘情報だとも知らずに踊らされてしまう日本人。

バースビジョン創造型社会の実現へのソフトランディングプラン。

それは、外部情報を必要最小限に遮断し、内部情報(一般に言う直感・本能的判断力・嗅覚)を信頼して、意思決定する能力が求めらる。
どうすれば内部情報を的確に得られるのか、という答えの前に、このプランとはどういう意味か、バースビジョン創造型社会とは何か、ソフトランディングとは何か、そうならないとどうなるのか、説明する必要があろう。専門用語の羅列では、始めてブログを見た人に失礼だ。
今年一年のブログテーマです。折を見て、じっくり丁寧にお話します。どうしても文章が多くなるので、ご了承ください。電磁波の問題を指摘しておいて、画面を読ませるのは矛盾していますね。出来ましたら、ワードに貼り付けプリントして読んでくださることを望みます。一番いいのは本に出すことですが。ブログの良いところは思い切って言いたいことを書けること。ですので多少(かなり笑)荒い文章はご了承ください。その分、後先考えないで次々公表していきます。(つづく)

posted by 大石 at 01:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

アドレス変更のお知らせ&2011年事上げ。

ある方のブログにお返事した内容です。バースビジョン・ノート(ビジネス社刊)は、いわば、「記憶喪失回復装置」です。人は皆、生まれたときには人生の設計図を持って生まれてくる、これは一つの考え方ではなく、現実です。ほら、出会うべくして出会ったとか、面白いように物事が上手く展開する、という時が誰でも、あるでしょう。
そうした時は、バースビジョンに同調(チューニング)しているときで、気分がよく何でも実現できそうな気になってくる。
専門的には、体内時計が正常に機能している時と言えます。
もっと専門的には「不調やトラブル時にさえ、人間誰もが持っているホメオスタシス機能を呼び覚ませば、元の調和した状態に最適化する」という働きが、バースビジョンの本来の力です。

ですから、あまり過去を思い出そうと、意識を飛ばさないほうがいいですね。むしろ今のカラダの感覚に意識を向けて、カラダの声を聞くと、バースビジョンへのアクセス回路が開き、自然と自分が何をするために生まれてきたのか、という答えを得るルートへとたどり着きます。

バースビジョンの冒険は、ときにダイナミックでエキサイティングです!
ビジョンヨガは、その過程を安全に快適に推し進めてくれるツールなのです。

この投稿を受け取った大阪の方は、その後教室に通ってくれたでしょうか。今年は関西で3回、信州で2回ビジョンヨガを行いました。来年は機会も増えそうです。お会いできると良いですね。さて、

Eメールアドレスを変更しました。お手数ですがお手持ちのアドレス帳をお書き換え下さい。以前のcreaor@…は、しばらくの間の残しますが、実は数ヶ月前から受信出来ていません。PCトラブルですがパスワードを紛失していてアドレスもないため、ブログにて連絡しています。新しいアドレスは、
birth-vision@sky.megaeg.ne.jp
バースビジョン・スカイ。〜天空に輝く一点の光源、青い空を見上げれば出会えるマイ・バースビジョン。なんて感じです。

これを期に色々動き出そうと思っています。さしあたっての事上げは、新しいホームページを立ち上げる、です。1994年に最終更新して以来10年以上放置していたビジョンリーディングの新サイト立ち上げを含む、新事業プランを開示します。
私の中にある空想世界をぶちまける壮大なページ群も順次公開していくでしょう。予算も膨大になるので、いつとは約束できませんが、地球ビジョン(地球の天命とも言う)もそろそろ遺しておかないと、と思いますので。
1992年にビジョンリーディングを開始して早、18年。予定ではあと2年で地球は新しい星に生まれ変わり、日本から新文明創造の息吹があちこちで芽生え始めているはずでしたが、なかなか思う世になりません。不徳の致す限りです。

ですが、来年の年間テーマは、《温故知新》。ー古きをたずね、新しきを知る。

この2年で、どれだけ変化するか分かりません。希望は失ってはならないし、打つ手はある。
焦らず原点に帰ることです。私の場合、ビジョンリーディングからバースビジョン発見の旅は始まった。その原点に帰ろう。「その世界」を一般に現そう。真の姿を衆知にさらそう。自分の子供が父親の職業を聞かれて、
「うちのお父さんは、ビジョンリーディングを仕事にしています!人のバースビジョンを読み取って天職を見つけるんだ、どうだすごいだろう!」と誇りを持って言い切れるように。
タッチセラピーの講座では、「私にとってはリーディングなど、科学に過ぎない。科学である以上、誰でも出来るし、教える講座は既に開発している」と伝えた。身体科学の学問領域には、リーディング科があってもいい。波長翻訳業なる領域が、職業ジャンルに掲載される時代を切り開くのもいい。
全ては、私の腹ひとつだ、ということになる。(のかな、やっぱり。。避けて通れないのかな。)

手波法普及の封印を解いた方が、天に帰ると思ったら、今度は、リーディングを世に広めて欲しい、教えて欲しい、という子が現れた。(そうは言っていないが、そう聞こえた)やれやれ、奥の院の蓋が開いてしまった。来年は忙しくなりそうだ。ふって来たいたきも”からは、逃げないぞー。
ともあれ、手波法のスクール体系からお入り下さい。全てはそこからです。千里の道もいたきもから。
つまりビジョンヨガから。次に手波法。神経網の再構築を経て、ことたま鑑定で言語化能力を磨いてっと。裏口入学は出来ません。(笑)

バースビジョンの学校を興し、300万人にのぼる事が予想される天職発見・創造への移行期に、その受け皿を作らないとならない。
posted by 大石 at 02:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

西国照国プロジェクト発信?or保留?

温故知新という2011年テーマは、凄まじい起爆スイッチだ。試しに唱えて欲しい。「私にとっての温故知新って何だろう?古きを訪ね、あたらしきを知る、温故知新…」と。過去にさかのぼって自分を思い出し、来年の自分を重ね合わせてみる。すると、そのパスワードの威力を思い知るだろう。
人によっては発病・発熱する=変革の下準備。人によっては懐かしき人に出会う=2011年人脈が激変する兆し。人によってはやりたいことが溢れてしまう=収拾がつかないほどライフワークが多様化する兆し。人によっては夢に何度も過去が現れる=お告げ・メッセージか?

私の場合は、・・・ちょっとまだ言えない。タイトルから察していただくのみとします。なら何故記事にしたのか?自分でもわからない。いや知っている、発信か保留か、自我を超えて天に判断して貰うため。天とは何か。それはあまたの人々の天命を司っているオーガナイザー。それって誰?魂の集合体。集合意識。ラ・ソフィア。ふ〜ん、スピリチャルな世界の話ね。いや違う。精神世界の話ではない。科学の世界。科学?そう、科学。科学的知識で解き明かすことの出来る地球の知恵。地球の知恵?そう、地球の知恵。もうじき《身体科学》と呼ばれるようになる学問。

身体科学?そう、身体科学。
その学問領域には、触覚開発科が柱になっている。触覚開発科?なにそれ?触育法の普及により神経網の再構築が行われると、皮膚センサーが覚醒し、他の人や生命との知的交流が生まれ、バースビジョンに沿った出会いや交流が次々と起こる。各人のバースビジョン進行プロセスを解析すると未来予知も可能になり、最適・最短で昔の人々が奇跡と言う言葉でしか表せなかった現実を引き起こせる。

未来予知?そう。未来予知。それは科学の領域になり、新産業創造はまず初めに亜空間領域で熟成され、天職開発プロジェクトによって適正人材へと割り振られ、引き寄せあい、直感型シンクタンクとでも言うような調整機関が、大量のリストラ人材があふれ出しても、その暴発するエネルギーを吸収するような装置となる。天職斡旋コーディネーターも既に配置され準備プログラムに入った。
それら一連のバースビジョン創造型社会の実現へのソフトランディング(軟着陸)は、触育法の普及以外道はない。

で、一体あんた何者?井戸仙人。はあ?だから井戸仙人。時空を超えて現れる、げろっ。(注釈:蛙の鳴き声・詳しくはことだまHP参照)海から蒸発した水滴が雨雲になり、雨になり山をつたり、地下水となり、やがて湧き水となって命を育む。いつもはその中にひっそりと暮らしている者。水は世界中を巡っている。大気中にも循環する。だから水の記憶を辿れば世界で起きているあらゆることを知れる。???。だから井戸仙人。理科の時間に習う常識。

大気循環。その科学に記憶と情報という概念を融合したのが、身体科学。体内にも水が流れておりその体液も元々大気だった、その記憶を辿れば知りたい情報に出会える。???。思考や大脳で理解しようとしても身体科学は解明できない。触覚という五感を磨かないと理解すら出来ない。加えて嗅覚を発達させるとバランスよく覚醒する。人の嘘など匂いで分かる、五感ではない、超感覚だ。バースビジョンのリーディングなどその応用に過ぎない科学だ。

21世紀は視聴覚の時代ではない。嗅触覚の時代だ。

触育法の普及は、ビジョンヨガから始まる。ハートポイントヒーリング、あうあう・・どれだけ失われがちな胸腺感覚を開くか分からない。どれだけ能力開発の基礎になるか、計り知れない。手波法のきのこで、うるおいで、どれだけ神経網の再構築になるか。全ては身体科学・未来予知・天職創造・急激な社会変革でも円滑に移行する大調和への道。2013年へのゲートウェイ。

それにはどうしても西国の力が必要だ。琉球からの風を運び時代の変革に相応しいエネルギーを伴い東へ進む原動力が。歴史の扉を開けるには、古の日本が常にそうであったように、西から変革が起こる。温故知新。パスワードを唱えて、待機していて欲しい。まもなく新しいメールアドレスをこの場で公開します。その後、新しいホームページを立ち上げる。そこで可能な限り公開します。何を?バースビジョン創造型社会の実現へのソフトランディングプランを。

西国照国プロジェクトは発信か保留か、それは、貴方が決めて下さい。



posted by 大石 at 03:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

温故知新と真砂コンサート成功

大阪と徳島で真砂さんのコンサートが大成功したという。大変おめでたい話だ。スタッフの皆さんには心から労いたいと思う。特に初の主催をした阿波風の国プロジェクトのビジョンヨガ・メンバーは、相当な気苦労があったに違いない。70名という集客もすごい努力とマグネタイズの成果だと感心するが、そこへ至る気配りがよかったのだと知った。
10年来の友人である真砂さんと、コンサートの成功を祝して昨晩電話をした。すると、
「阿波のメンバーには大変感謝をしています。いきたいところ(神社)に連れて行ってくれたり、食事も良い場所を選んでくれたり、気配りが嬉しかった。
会場の場も気が良くて、おかげでコンサートも気持ちよくできた。すごくよくしてくれた」と、しきりに誉めていただいた。

大阪から駆けつけて参加した有美さんが「んもう、さっいこう(最高)だった!!」と興奮している波動からして(ほとんど鳴動状態で最高を連発、笑)、かつてないクオリティのライブだったことは間違いない、と悟った。
が、それも主催者とアーティストの心が一つになり、場作りがうまくいったからだと思う。ビジョンヨガ教室を行う際にもっとも大事にしている場作りのノウハウは、ライブ空間作りにも活かせている。すばらしい。
その場作りはエネルギー的な空間作りに加えて、スタッフのそれぞれが準備や当日の分担など役目を果たしプロフェッショナルなスタッフ集団と化した成果なのだろうと思う。その実務的な処理能力は、苦手な人も多いのがインストラクターというものだが、50人から集まる認定会(インストラクター研修)をきちんと成功させる運営ノウハウが、こういう時に力を発揮したと検証したようなものだ。
苦手な会計や時間管理などを突然頼まれても、「え?は、はい」という具合に素直に受け取り、こなしていく習慣がなされていたがゆえに、突発的なことが起こりやすいコンサートの運営を、初めてチャレンジしても、応用が利いたものと思う。きちんとこなしてくれるからライブを演じる人は安心感を覚え、演奏に集中できるのだ。
ビジョンヨガの活動や運営お手伝いの中で培われた能力は、間違いなく、〜人を感動させる演出ノウハウ〜として役に立つ。

そして、、、阿波。

阿波の地とは、平安の京から淡路島を通り、阿波に向かう目的地だった。
「あ」と「わ」。始まりと終わりを表す地名にはどんな意味が封印されているのだろうか。

阿波の地でライブを行うのは、真砂さんにとって初めての体験だった。CDを制作販売している自身のレーベル、その名はAWA。つまり阿波でもある。にもかかわらず数十年間、「徳島でやりたい〜。大石さん企画して〜」と言われてきたし、真砂さん自身チャンスを伺ってきたが一度もその機会がなかった。それを、ビジョンヨガ阿波・風の国プロジェクトがやってのけてしまった。

風プロに偉大な功績が刻まれた、と言えるのだ。

真砂さん自身「大石さんが初めて大阪で呼んでくれて、5年目で(やっと)徳島でやれた。(原点を思い出して)、御礼が言いたくて。一巡したんだな、と」。しみじみ語っておられました。温故知新のテーマはビジョンヨガだけではなく、感性の高い人なら、分かる。真砂さんも「振り返るとき」、という時代の潮流を読み取っていた。

私は感謝されるようなことをしたわけではなく、今だから言えるが、ノウハウなどなく思いだけで呼んでしまい1回目は大赤字で確か30万くらいかぶった記憶がある。立派なのはその後引き継いだ原聡美さんだ。毎回きっちり集客し、大変喜ばれ、今年はCDを100枚完売したとかで、いかに素敵な空間を演出したかが目に浮かぶようだ。
チケットの販売に関しては、ノルマ意識や赤字ラインを意識しすぎて、思考が働きどうしても感覚で楽しめないところである。が、しかしビジョンヨガ・インストラクターは、「好きを極める」コツを心得ている。
私のビジョンヨガスペシャル@相生で今回浮かんだフレーズだが、好きを極めるには、《呼吸力》が大事。苦手なことをするときや、緊張する場面で息を吐く。ビジョンヨガのポーズの一つ一つは、そうした「いたきも」に遭遇した際、いざと言うときのためのトレーニングなのです、と。

だからチケット販売のいたきもにも、お産のいたきもにも、恋愛のいたきもにもどこにでも使えるわけですね。
いたきもに向かって息を吐く。呼吸力こそ、あらゆる成功の鍵である、ということを、二つのコンサートの大成功を通じて、呼吸力の達人であるビジョンヨガインストラクターたちは立証してくれました。

おめでとう!そしてご苦労様。
たっぷりご褒美を。


posted by 大石 at 19:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

龍馬伝48「龍の魂」最終回に見る晋作の夢とは?

バースビジョンのクエスト5の「融和」を経ずして、クエスト6「風の覇者」にはなれない。とは恨みからは何も生まれない。と信じて逝った龍馬の台詞そのものだ。
 龍馬「お龍。人はどうして死んでしまうがじゃろか。天がお前の役目はもう終わったと思われるからじゃろか」
 お龍「そうかもしれませんね。そやかて、人の死というものは、死んだら終わりだけではないと思います。その人の役目を、志を受け継ぐ者にとっては始まりどすさかい」(龍馬伝41「さらば高杉晋作」)
「志を継ぐ人にとっては、始まりですから」の台詞はそっくりそのまま伴侶の死にも当てはまる。龍馬の死が次に継ぐ者に受け継がれて行ったわけだから。弥太郎との接点は物理的には長崎でのごくわずかな期間だが、理念的には現代まで続いた「貿易立国」の黎明期をもたらした点で理念空間距離は極めて近い。
 龍馬「高杉さんの作った奇兵隊には身分の差はなかった。侍も百姓も一つになって自分の国を守ろうとしちょった。これが新しい日本の形じゃと、わしは確信したがぜよ」
とあるように、四民平等に通じるフラット社会を志した奇兵隊創設者高杉と、上士、下士の別のない世の中を作ろうとした龍馬とは、実際に会った日数が多くなくとも、理念空間距離では近い存在だといえよう。

このようにバースビジョンで繋がった間柄というのは、離れていても物理的距離を問題とせず、たとえ死んで会えなくとも意識空間では、理念性で繋がっている間柄を指す。
そういう意味では、幕末の志士の研究をするということは、日本の取るべき理念や方向性を共有しエネルギーや知恵を得ることに通じる。

果たして龍馬は、晋作の遺志を受け継いだのか、は「さらば高杉晋作」Bで答えを出そうと思う。と言ったことに言及しよう。高杉晋作が目指した日本は、思うに、一人一人が自由に伸び伸びと暮らせる社会の実現だったかと思う。
大政奉還を支持したというより、天皇を中心に国がひとつにまとまれば、諸外国の脅威から皇国日本が護られ日本人は、その独自の文化と自然風土を育み伸び伸びできると。だからもし徳川が大政奉還は名ばかりだということが判明したら、単身で慶喜を斬りに行っただろうと思う。晋作とはそういう男だ。龍馬も同様に、大政奉還を決断しなければ、斬るつもりだったという。(あるいは後藤にそうした覚悟を促した)

要は、新しいことを成すにあたり、覚悟がどれだけできているか、という点で、現代人とは比べ物にならないほど肝が据わっているということは、学ばねばなるまい。背骨の軸が出来ていて、それでいて争いを好まない母性を育んでもいた。そこが正座文化を基調とする日本独自の腰椎4番に重きを置いた生活様式の結果であると分析する。

死ぬ覚悟と融和する母性性。

一見激しさと優しさという二つの矛盾した個性を見ることが出来るが、本質的には両面を持たないならば成立しない言葉なのではないかと思う。ぬるま湯の様な母性は、真の母性ではない、と。
死ぬ覚悟のない平和などありえないと。

日本の取るべき大局策は?答えは、晋作の思想と行動美学の中にあるように思う。
との壮大なテーマを掲げてしまったが、龍馬と晋作の精神には、死ぬ覚悟と融和する母性性の両面が確立されていた、という点で共通している。その両面を統合し復活させることが日本の取るべき道である、と結論付けたい。(一応、ここでは)
龍馬の死後、山岡鉄州により、かろうじて江戸城無血開城し、死ぬ覚悟と母性性の共存された日本人らしい個性が発揮されたが、それ以外は、二人の理念が十分に発揮されたかどうかは疑わしい。

死ぬ覚悟ばかり強調され富国強兵に走り、思いやりや優しさを尊重してきた美徳が損なわれ始め、狂気の昭和に突入し、終戦により、背骨を砕かれ、死ぬ覚悟は犯罪であるかのように叩かれ、結果、ぬるま湯のような母性だけが残り、今日の精神の荒廃、過保護な子育て、過剰な福祉、依存性の高い国民性を増長されてきたのだと分析する。

今後折りに触れて、晋作が現代を見たら、どう思うか、どういう策を講じるだろうか、空想して見たいと思う。そしてこの場で晋作のメッセージを流してみたい。



posted by 大石 at 12:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

龍馬伝48「龍の魂」 薩摩が斬る?龍馬の描いた未来

真の武士道とは何か、己の心に忠義を尽くす道である。故に誰に命令されずとも己の生きる道を模索し、貫くことである。己の道を貫くとは何か、それは、一言で言えば、バースビジョンを実現する道を究めるということだ。武士道の中にバースビジョン発見の鍵がある。
薩摩の取った行動から龍馬観を紐解く。というテーマの今回。幕末維新は、地球文明創造への原型、と前回書いたが、まずは龍馬の暗殺犯に言及してみよう。明治は成ったが、その成り方と龍馬暗殺が無関係ではないと思われるからだ。ドラマでは結局見廻組・今井信郎が役者名の上に出てきて真犯人を確認したわけだが、薩摩の西郷・大久保が暗殺を指令したという説もあり、ドラマでその伏線を匂わせた辺りに注目してみたい。

西郷「(坂本が『○○○』に入れようとしてるのは)徳川か?」
大久保「そげなこつになれば、今までと何も変わらん!
    やっぱい、徳川家は滅ぼさんにゃならん」
中岡「大久保様。徳川はもう、政権を返上したがです!今さら戦は無用ですろう!」
大久保「じゃっどん、未だ徳川は日本一の大大名。
    まだまだ力を持っちょいもんでなぁ……」
中岡「ほいじゃき龍馬は早う新しい政府の形を作ろうとしゆうがじゃき!」
大久保「おはんは! 坂本龍馬によかふうに転がされちょっとじゃ」
中岡「何じゃと……!!」

この後、「言ってはならん人物(慶喜)を口にしたらその場で(龍馬を)たたき切る!」と、中岡犯人説もこの台詞で匂わせていた。
龍馬「中岡。わしを斬る前に、よう考えてくれや」との台詞も残した。あり得る話である。NHKとしてはそれで十分だったのではないかと思う。視聴者を煙に巻いたような脚本ではあったが、歴史を考える時間を与えたのだ。(新説を披露するには勇気がなかっただけかもしれないが)。
薩摩が武力討幕路線をひた走り、龍馬の平和路線を邪魔する設定で描かれていて薩摩が邪悪の塊のように見えるが、それは現代風に見た認識であり、平和ボケした平成日本からは推し量れない「ギリギリの選択肢」がそこにあったのだ。

春嶽「……その高いところに座ると、みんな気持ち良くなって……
   そこからは降りたくなくなるもんじゃ」
龍馬「慶喜公は……降りて下さいました」
春嶽「あのお方だからこそ、できたことじゃ」

ここには嘘がある。表では政権を投げ出した振りをしてその実は、混乱した新政府を再び奪い取ろうという狡猾さが慶喜にあった。
人間の欲を知り尽くした一枚上を行く薩摩大久保・西郷が見抜き、慶喜も徳川も潰せ、と判断した。正解である。ドラマでは執拗に慶喜の狡猾さが頻繁に出ていたが、大政奉還後も高いところから降りる気はサラサラない!というシーンをちらりとでも出してくれれば、薩摩の名誉ももっと保たれたのではないかと思う。

弥太郎「けんどの、けんどのぉ……龍馬は殺されるほどの……
    殺されるほどのことらぁしちゃあせんがじゃき!」
今井「坂本龍馬……その男は、徳川に忠義を尽くす、我ら侍を愚弄した。
   我らのすべて……我らの全てを無にしたんだぁ!!」

武士としての矜持を見せてくれた場面だが、これも筋が違う。武士とは何か。家族を守り、藩を守り、国を守る役目の者だ。諸外国から国を守るために徳川が不要となれば、潰してでも日本を取らねば武士道ではない。
そういう観点では、薩摩の読みが正しく、徳川をやたらと温存する、ぬるい龍馬の見識では新政府樹立もままならず、権力が分散したままもっと大規模な内戦に発展していた可能性もある。さすれば儲かるのは武器商人たちである。
彼ら(グラバーなど)と密接につながっていた龍馬は、フリーメーソンの手先として見なされ、徳川温存策が大規模な内乱を招く事で潤う諸外国の付け入る隙を与えぬために、龍馬を斬った(暗殺を支援した)というシナリオが浮上してくるのである。
西郷は国を守るために龍馬を見限った。そこまでNHKでは描けまい。描く必要もない。新撰組をかっこよく扱い、篤姫で徳川を美化した後にあそこまで徳川の権威を落とし、近藤局長をして「(先のことなど(わからん)」と情けない言葉を吐かせたのだから、十分だと思うのである。歴史は勝者と敗者の両側から見ないと片手落ちですよ、というメッセージを大河ドラマのシリーズで投げかけた、と言えよう。NHKのバースビジョンの一つか?さて、
人生が成就したのか、未達成のまま終えたのかは、死に際で見極めが付く。そういう意味では、龍馬は、成就したのだと思う。役目を終えたから迎えに来たのだと。

真の武士道とは何か、己の心に忠義を尽くす道である。故に誰に命令されずとも己の生きる道を模索し、貫くことである。己の道を貫くとは何か、それは、一言で言えば、バースビジョンを実現する道を究めるということだ。

このフレーズは、今後よく使っていこうと思う。

薩摩の人間が明治の方向付けをし、現代にも受け継がれたものがあるはずだからだ。温故知新。と書いた、その真意を上記記述から読み取ることができたであろうか、薩摩も、そして長州も決して無益な武力討幕を望んでいなかったのである。それ(戊辰戦争)をさせたのは、慶喜であり、覇権主義思想である。
これを現代に当てはめると、イランやアフガンで武装蜂起し、中国・北朝鮮で核開発やミサイル配備するのは、米国が覇権主義を改めないからである、と言う歴史と符合する。
政権を返上する(世界の警察官であることを放棄する、あるいは覇権国として主導権を明け渡す)と事上げをすれば、済むだけの話である。
「キリスト教圏以外の宗教や文化も、ネイティブアメリカンの文化も認めます。これまでの迫害の歴史は大いに反省します。ごめんなさい、歴史の過ちでした」と融和すればすむことである。それが出来ない。

口では核をなくすと言いながら、ステルス戦闘機を極東配備する様は、大政奉還しながら裏で政権奪取をもくろむ慶喜と一緒である。

ならば日本も武力討幕よろしく米国一極主義の覇権国に対抗すべきか?軍事技術は世界一であり核開発能力も優れているらしいが。答えは、否。だからと言って龍馬の言う平和主義では、新しい世の中は開けないことは、歴史が証明した。現実は日本の技術と資本と人材が軍事開発や軍備の増強に注ぎ込まれている。覇権国米国の側近として日本は位置している、それでいいのか?
日本の取るべき大局策は?

答えは、晋作の思想と行動美学の中にあるように思う。晋作、死す。の続編で明かそうと思う。


こちらのブログに、日本の取るべき道のエッセンスが描かれています。ご参照ください。
武士道と寺子屋馬関塾と腰椎4番と「バースビジョン国家論」
http://tenami.seesaa.net/article/56748594.html

posted by 大石 at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

龍馬伝48「龍の魂」からバースビジョンを読む

男児、志を立てて郷関を入ず。学もしなるなくんば、また帰らず。骨を埋める墳墓の地。人海至る所に青山あり。
長州の勤皇僧月性が読んだ歌で意味は、「男たるもの、ひとたび志を立てたなら、その志を全うするまでは決して郷里に帰るべきではない。海でも山でも骨を埋める場所などどこでもいいのだから、死ぬまで志を貫け」。お〜い竜馬では、旅に出る我が子竜馬を送り出した時、父親が言った言葉でもある。

果たして、龍馬は、志を全うして逝ってしまった。何かと批判の多い大河ドラマではあったが、その中でもしっかりとバースビジョンを描いている場面も多々あり、そこを私は評価したいと思う。最終回から、バースビジョンとは何か、という事を読み取れるシーンを回想し、理解を深めていただこうと思う。

弥太郎「けんどの龍馬。人がみんなぁ自分のように新しい世の中を……
    新しい世の中を望んじゅうと思うたら大間違いじゃぞ。
    ……口ではどう言うちょったち、いざ扉が開いたら……
    戸惑い、怖気づく者は山のようにおるがじゃき。
    恨みや、妬みや、恐れ、保身……そのうち怒りの矛先はおまんに向くろう。
    ……わしには分かる。眩しすぎる陽の光は、
    無性に腹が立つゆうことを知っちゅうきにのぉ……」

この台詞は、理想や志を抱いて活動する全ての人は、肝に銘じておくべきかと思う。

龍馬「……。……おまんの言うとおりかもしれん。
   わしは……わしは気付かんうちに、人を傷つけ、人に恨みを買うちゅうかもしれん。
   ……『世の人は、我を何とも言わば言え。我が成すことは、我のみぞ知る』。
   ……わしはの弥太郎。自分にできることをしただけぜよ。
   おまんもそうじゃ。おまんの思うように、思うように好きに……好きに生きたらえい」

誤解であれ、先に行く人を妬む視線は、みぞおちでしっかりと受け止め融和した状態で、突き進むことが肝心だ。それでも孤独感を感じたら、この龍馬の句をみぞおちに向けて唱えたらよい。
そして自分の成果や功績を人に評価されることを望まず、自分の中に満足感を覚え、人には人の役割がある、それを見つけたらいい。という具合に立場や能力や役目の違いを理解するセンスを実につけるとよい。例えば、

龍馬「おまんはのぉ! おまんは今、この……
   この金で世の中と繋がっちゅうがじゃぞ! 弥太郎!
   おまんは、この金で……この金で、日本一の会社を作って、
   日本人みんなぁを幸せにせんといかんがじゃき。
   それはのぉ、それはわしには到底出来ん!
   この世で、岩崎弥太郎ゆう男だけができる大仕事ぜよ!!
   わしにやるべきことがあったように……
   おまんにも必ず、必ずやるべきことがあるがじゃ!」

龍馬は弥太郎の商才を見抜き、金儲けを人生の目的にしているようでいて、人の気持ちのわかるリーダーとしての資質を発揮してもらいたいと願っている。大政奉還直前に銃を売りぬく相場観は圧巻であり、土佐藩の上士たちが一緒に働かせてくれ、と言われる場面は、壊れ行く武士階級によって職を失う多くの人々の暮らしを明治になり助けることになってゆく。

また、
龍馬「以蔵。おまんは優しい男じゃき、人を助ける仕事が向いちゅうのぉ……」

と地位や名誉だけが、成功ではない、「人賢愚ありと言えども、各々一二の才能なきはなし」(松陰)ということを伝えている。

   「高杉さん……高杉さんが夢見た、新しい日本が来るぜよ」

この台詞にも、同志の遺志を受け継ぎ、背中に同志の思いを背負って自らの志に乗せている事が見える。晋作がドラマでは大政奉還を策としていた点を議論するはずだったが、製作側の意図はないものと判断した。刺客が戸を叩いた時「中岡の妻です」などとあり得ない脚色をする辺りの愚と同じで、とりあえず思いついたままに脚本を書いた、というだけだろう。
晋作が見た倒幕後の日本の未来は、外国と対等に渡り合える国造りだ。それが果たせたのかどうかは、今後じっくり扱ってゆきたい。

ひとまず新しい日本のビジョンは、ドラマ上、「デモクラシー」(民主主義)であることは間違いない。
中岡「あの『○○○』! 誰の名前が入るがじゃ。答えや……龍馬!!」
龍馬「それはのぉ、『みんな』ぁじゃ。
   あの『○○○』には、『みんな』が入るがじゃ。
   上士も下士も無い、商人でも、百姓でも、志がある者やったら
   あの『○○○』には誰もが入れるがぜよ!
   それをのぉ……それを、みんなぁで選ぶがじゃ!
   志のある者をみんなぁで選ぶがじゃ!
   そんで……ほんで、みんなぁで選んだそのお人を、この人らで支えたらえいがじゃ!
   それがわしの考えじゃ!」

倒幕後に、総選挙(入れ札)で大統領を選ぼうとする龍馬は、50年以上先に行き過ぎである事は、明らかである。その後どれだけ時間をかけて国会が開かれ、町人、商人にも選挙権が与えられ、女子に選挙権が与えられ、民主主義の体制が出来上がっていったか。それを思えば殺されて当然の預言者だったことになる。

龍馬「この日本に、世界中から知恵と、技術と、人々が集まったら……
   この国は、まだわしらぁが感じたことの無いような、
   夢と希(のぞみ)に溢れた国になるがじゃぞ!」

明治に入り、開国し、文明開化の時期を向かえた。その後の日本は、

弥太郎「明治政府も、西郷・木戸がおらんなった今、醜い勢力争いばっかりじゃ!」
坂崎「……時はかかるかもしれんけんど、
   龍馬さんが思い描いとった国に、きっと……きっと、なると思います!」
弥太郎「そんな、甘いことではないがぜよ……!!」

今後この弥太郎の視点から、坂の上の雲の時代を、描いてゆこうと思う。

私の結論は、既に数年前に定まっている。
国是は、バースビジョン社会。全ての国民が、バースビジョンに沿った人生を歩み、必要なものを必要なときに必要な人が自由に得られる社会の実現を目指す。そして世界へ向けた規範と成す。

その考えを「バースビジョン国家論」という論文で現す決意は定まっている。

民主主義の究極がバースビジョン国家である、よって革命のように白紙の状態から国を建て直す必要はない、だから真に血の一滴も流さず新文明国家を形成できる、という論理立ても発明した。

幕末維新は、地球文明社会創造への貴重な予行練習であった。龍馬伝を批判するのも良いが評論家は世の中を変えることができまい。この大河ドラマという共通の情報を元にもっと変革期に相応しい行動規範を読み取るべきかと思う。
次に、薩摩の取った行動から龍馬観を紐解く。薩摩の人間が明治の方向付けをし、現代にも受け継がれたものがあるはずだからだ。温故知新。幕末維新は、地球文明創造への原型であり、もっと研究すべき可及的課題である。

posted by 大石 at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。